次の職場が見つかるまでお金がかかる?

看護師の転職とお金の問題

何も考えずに転職活動を始めて失敗したと感じる方の多くがお金の問題に悩んでいます。 貯金があるところから転職活動をスタートできれば良いのですが、次の職場が見つかるまでの間に生活費が足りず、苦労してしまうことがあるのです。

最低でも半年分くらいの生活費を確保しておいた方が良いでしょう。 まずは毎月の生活に幾らお金がかかっているのかを考えた方が良いですね。

看護師が転職を行う場合の転職活動期間は3ヶ月ほど必要だといわれています。 また、場合によっては、転職と同時に引っ越しを考えなければならないケースもあるのではないでしょうか。

そういったケースでは、さらにお金がかかるわけなので慎重に貯金をしておきましょう。

引っ越しをするとなれば敷金や礼金だけでなく、家具や家電の買い替え費用なども発生しますよね。 可能であれば、転職と引越しの時期をずらした方が、お金の問題は少なくて済むかもしれません。

お金がない状態で転職したいと思っているのであれば、在職中に次の職場を探すのがポイントです。 仕事が見つからない状態で今の職場を辞めてしまうと、次の仕事がなかなか見つからなかった場合にどうしようもありませんよね。

現在の職場での雇用形態により、失業保険が利用できるということであれば、早めにハローワークに相談に行くのがおすすめです。 ハローワークに申請をすれば失業給付金を受給できるわけですが、もらえる金額というのは在職中の給与額や働いていた期間によっても違うわけなので、確認しに行った方が安心できます。

注意しなければならないコツとして、しばらくは働く気がない系を失業保険でのんびり暮らそうと思っている方もいるかもしれません。 しかし、失業保険というのはすぐに働きたいという方をサポートするものであるため、病気や親の介護などが理由で働けない状態にある場合には給付の対象とならないのです。

このような注意点もあるので、退職金がある場合は退職金の使い道についてもよく考え、次の仕事が見つかるまでの間はお金に困らずに生活できるよう工夫したいですね。