助産師になるまでの長い道のり・・・

一般大学と看護学校を卒業して大卒助産師になれるか?

助産師になるにはいろいろな方法があります。 まずは、一般大学を卒業したあと看護専門学校を受験して看護師国家資格を取得します。 その後大学の1年制助産学専攻科に進学して助産師を目指している場合を考えましょう。

大学の助産学専攻科(1年制)を受験する場合の受験条件は「看護師免許取得者又は看護師国家試験受験資格取得者で大学を卒業した者又は同等以上の学力があると認められた者」となります。 ここで気になる点があります。

卒業した大学は一般大学でもいいのか? それとも看護大学でないと受験できないのか? こういう疑問です。

大学助産学専攻科の受験資格の「看護師免許取得者又は看護師国家試験受験資格取得者」という受験資格は専門学校で取得することになります。 一般大学を卒業した場合でも「大学を卒業した者または同等以上の学力があると認められた者」に該当しています。

大学の助産学専攻科の受験資格はありますし卒業した時点で「大学卒助産師」と認めてもらえるでしょう。 ただし大学により解釈が異なると困ります。 一度大学の事務に問い合わせたほうがより確実でしょう。

これ以外に看護専門学校を卒業した後、助産師資格は2年制の大学院で取得することもできます。大学卒助産師が、大学卒(看護学士)という意味でしたら、1年間の専攻科を卒業するだけでは看護の学位は取得できないと考えられます。

その理由は専攻科は正規の学部生ではないからです。 ただ大学に設置された助産師の資格を取得するコースということだけです。 短大の助産専攻科や専門学校の助産科と全く同じですから卒業だけで学位を得るには学部卒業でなくては「学位」を頂けません。

専攻科に進んで得られる学歴は専攻科卒で仮に看護大学に設置された専攻科であった場合も看護大卒になるわけではありませんので注意が必要です。 看護の学士号を取得するには専門学校卒業後に大学編入して2年間在籍・卒業する方法があります。

或いは既に別の大学を卒業しているならば看護師の免許取得済みで看護大学院の受験して卒業する必要があります。 ただし、給与面では専門学校の助産科でも大学卒業の助産専攻科でも給与水準はほとんど変わりません。