留学で得た経験は、どんな職場で活かせるの?

薬剤師の海外留学後のキャリアについて

海外留学を経験した後の薬剤師としてのキャリアはどのような道があるのかについてです。 まずは製薬会社へ就職するという道です。留学後のキャリアとして最も一般的な道です。 留学で身に付けた語学力と、現地で取得した薬剤師の資格、二つの大きな武器があるので、 企業でも引く手はあまたです。

最近では海外に進出する企業も増えています。日本では少子高齢化が進んでいる中で、 国内企業も海外の方のニーズにも応えられる商品作りをスタートさせている所も多いです。 そういった企業に、あなたの経験を元にしたアイデアがあれば、大きなプラスになるでしょう。

また、語学力も、最近では社内の公用語に英語を使う企業も出てきています。 海外の現場でコミュニケーションで苦労をしたり、難しい問題に直面したというのは、 留学した方なら経験がある方が多いです。そのような経験をしているという事も、大きな メリットとして受け入れられます。

二つ目は病院です。日本でも医療の高度化はまだまだ進んでいます。しかしあなたは海外で 最先端の医療の現場での経験がある訳ですから、それをしっかり生かしていきましょう。 英語での世界の先端の情報を処理したり、海外の専門医とのやり取り等も任される事もあります。

三つめとして、出版や法律関係の仕事もあります。医療や薬学関連の書籍は非常に専門的で さらに情報源が英語が多いので、出版に苦労する事も多々あります。ここでもあなたの専門知識を 生かす事が出来ます。また、法律関係も同様です。薬事法や海外の医療機器や各種申請などに ついても仕事があります。ただし、さらに弁理士としての資格も必要になる場合もあります。

転職サイトなどで希望に合う職種を探して、チェックしてみるとよいと思います。 高いスキルを持った人材を中途採用で探している所は多いです。企業や病院など、 上記のような職場の他にも、まだまだ留学経験のある薬剤師の方には可能性が沢山あります。 ぜひ、ご自身のキャリアをしっかり積んでいってほしいと思います。