薬剤師が留学する際に必要になることとは?

薬剤師の海外留学について

日本での薬剤師の数は年々増えています。法改正があり、大学の薬学部の6年制が スタートしたことで、今は薬剤師の数が一時的に足りなくはなっていますが、 今後また薬剤師の数が飽和してきて、仕事が少なくなってくる可能性は少なくありません。 そういった時代が来る前に、準備をしておくという事も必要になってくるでしょう。

その時の選択肢として、お勧めの一つが留学という方法です。 留学して、海外で薬剤師として学ぶことで、国内だけでは得られない最先端の薬学の 経験とスキルを身につける事ができます。

ただ、単純に留学をすれば良いという訳ではありません。あなたの中で薬剤師として どのようにキャリアを磨いていきたいのか、何を学んでどのようなスキルを 身につけたいのか。自分の目的・目標を明確にした上で留学する国、学校を選べば、 その経験はとても有意義なものになると思います。

また、留学はあなたの仕事の選択肢の幅も大きく広げることに繋がります。 イギリスなどは薬剤師の人材不足に悩んでおり、外国人薬剤師の割合も 全体の1割を超えるという高い割合になっています。

日本でも薬剤師の足りていない地方に行くと活躍の場があるように、 海外でも人材不足の国で薬剤師として貢献をするという事も出来るようになります。 海外の様々な国で、仕事をする事が出来るようになります。

留学するのに必要になるのはやはり「語学」です。 日常会話レベルの英語ではなく、薬剤師として仕事をする上でコミュニケーションが 取れないと大きなミスに繋がる事態にも繋がりかねません。 薬剤師特有の会話など、専門的な語学力を身につける事が必要になります。

留学に憧れを抱く方は多く、楽しい事も沢山あると思いますが、元々専門性の高い 業界なので、普通の留学よりも身につけるべき事も沢山出てきます。 一番大切なのは新しい世界に足を踏み出すあなたのやる気やチャレンジ精神です。

まだまだ留学して海外でも通用する薬剤師と言うのは多くありません。 留学で経験した事や身に付けたスキルはあなたをこれまでよりも大きく成長させてくれます。 新たな可能性が広がるチャンスですので検討している方はぜひ頑張って欲しいと思います。